UNIONTECH

改造・修繕

グラビア印刷機の改造実績3000件以上。改造・修理の事ならお任せください。

主仕様
印刷速度 200m/min
手動サイドレー

Upgrade

Modification

改造後
印刷速度 300m/min
電動サイドレー
ターンバ装置
上継、下継対応
プリセットドクター

ユニオンテックの特長

生産ダウン時間のリスク回避

生産性向上

品質向上

操作性向上

私たちは生産ダウンにおけるリスク回避、生産性向上、操作性向上、そして品質向上を目的として改造、修繕、修理を行っております。過去10年間での実績は3000件以上。この実績があるからこそ、20年前の機械であったとしても残り10年以上使える機械へ更新する事ができます。

ターンバー装置追加

ユニオンテックでは長年の実績、特殊治具による設置方式により、旧来の機械においてもターンバー装置を導入可能。また、EPC装置を使用せずに導入が可能な為、低コストで実現が可能です。


印刷ユニット追加

グラビア印刷ユニットを既設の機械に増設する事が出来るのがユニオンテックの特徴でもあります。フレキソ印刷機にグラビア印刷ユニット増設、8色グラビア印刷機機を11色機になど、業界動向に応じて形を変更する事ができます。


ACベクトル化

DCモーター及びDCモーターを制御する機器も同時に製造停止となっている為、ユニオンテックではACベクトルインバーターモーターに更新を推奨しております。モーター更新だけではなく、テンション制御も最新技術に変更される為、より良い製品の品質につながります。


PLC更新

PLCの寿命は約10年とされております。また通信機器やIOユニットなどが廃盤になっております。ほとんどのPLCは下位互換が対応しておらず壊れてしまった場合は、機械が停止してしまうケースがほとんどです。ユニオンテックではPLC交換工事も行っております。ダウン時間の回避はもちろん新規機能として任意テーパー機能、印刷パターンレシピ機能などを付加しています。


ガイドロール更新

ガイドロールの摩耗は基材のシワ、蛇行、印刷見当のズレにつながります。ロールバランス、初期トルクの優れたユニオンテック製のロールに更新するだけで、全ての問題が解決した場合もございます。まずはじめにユニオンテックではこのロール交換をはじめにご提案させて頂いております。